KG-TANK

すべてのACTIONを夢へとつなげる“場”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOE先生からのメールより転載  ケロ。

□ わたしたちの難民問題2008/vol.12 ――――――――――――――――

紛争や迫害から逃れ、不自由な生活を強いられている難民や
国内避難民が世界各地に3000万人以上います。日本にも、
さまざまな国から難民が庇護を求めて来ています。
海外、国内の難民問題の現状について聞き、
わたしたち自身にできることは何か、一緒に考えてみませんか。

10/2 (木) ミャンマー難民は今
宇田 有三さん(フォトジャーナリスト)
タイ国境の難民キャンプには10万人以上の難民が暮らし、
20年以上のキャンプ生活になります。現地で取材を続ける
ジャーナリストより、難民流出の原因から第三国定住の進む
キャンプの最新状況までを聞きます。

10/16 (木) スーダン難民の帰還支援
明城 徹也さん(ピースウィンズ・ジャパン統括責任者)
20年以上続いた内戦が終結し、難民の帰還が進んでいるスーダン南部。
帰還難民の活動をスーダン南部で展開するNGOスタッフより、
現地の人々の暮らし、小学校建設や井戸掘り等の支援活動について聞きます。

10/27 (月) イラク 最新レポート
西谷 文和さん(イラクの子どもを救う会代表)
開戦から5年が経過したイラク。約200万人が難民として国を追われ、
約250万人が国内避難民となっています。イラクに関する情報が
減少している中、現地で支援や取材を続ける講師から現在の状況を聞きます。

11/13 (木) 日本の難民を取り巻く現状
筒井 志保さん(難民支援協会理事兼職員)
日本での難民認定手続き、就労、言葉の問題。出入国管理及び
難民認定法が改正されて3年が経ちましたが、難民認定申請者が
抱える課題は尽きません。日本の難民認定制度の概要、支援団体の
活動状況を聞きます。

11/27 (木) インドシナ難民の現在
ハ・ティ・タン・ガさん(NGOベトナムin KOBE代表)
インドシナ難民の日本定住開始から30年。在日ベトナム人支援を行う
NGOの代表であり、自身もベトナム難民である講師に、日本社会で暮らす
難民とその2世3世が抱える現在の問題とその支援の現状を聞きます。

※講師、内容は予告なく変更する場合があります。

時間:上記日程の6:30p.m.~8:00p.m.
会場:神戸市青少年会館研修室 (神戸市勤労会館5階)
   神戸市中央区雲井通5-1-2
市営地下鉄・JR・阪急・阪神 各三宮駅から徒歩5分
定員:40名
参加:無料
運営委員:岩坂 二規(聖和大学) 藤野 達也(PHD協会)
山中 信幸(柳学園中高等学校) 湯前 梨花(神戸大学大学院)
主催:アジア福祉教育財団難民事業本部 神戸YMCA国際・奉仕センター
申込:お名前、連絡先、参加希望日を以下までお知らせ下さい。

申込先:
難民事業本部関西支部 078-361-1700 kansai@rhq.gr.jp
神戸YMCA国際・奉仕センター 078-241-7204 houshi@kobeymca.or.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://abn79349.blog116.fc2.com/tb.php/134-5ecac06f

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

KG-TANK

KG-TANK

 それぞれが、それぞれの個性に合ったアクションを起こすことで、夢を実現させる力を共に成長させ合う場。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。